学校に行きたくないあなたへ

内閣府が、過去約40年間の日別自殺者数を集計し、発表しました。一番多かったのは9月1日。他も、長期休暇明けに集中するという結果でした。それを受けて、不登校新聞から緊急号外が発行されました。WEBで閲覧(無料)できますので、ぜひご覧ください。
>>学校に行きたくないあなたへ(不登校新聞・緊急号外)
 
それに関して、記者会見にも参加させていただきました。
また、事後報告になってしまいましたが、本日の「TBS・白熱ライブビビット」では私のインタビューも放映されました。
 
GS_150827_01
「リストカットを繰り返していた女性」として紹介され、学校に行かなかったこと、行かないことでどういう心理状態に陥っていったか、ということ。そこからどう回復していったのか、ということをお話ししました。
 
インタビューでも話していましたが、当時わたしは「みんなが当たり前のようにできている(学校に行く)ことが私にはできない、自分は社会不適合なんだ」と思っていました。(その辺の詳しい話は、昨年行ったひきこもりUX会議のレポートをご覧いただくといいかもしれません)
 
自分と同じように学校に行っていないひとがいるのか、そういう人がどういう人生を歩んでいるのか、想像できるような、見本になるような人を見つけることができなかった。それは、孤独感を助長させました。
孤独感は、自分を社会からどんどん切り離していきました。社会から切り離されると“生きる意味”がまったくわからなくなりました。出口の見えないトンネルの中にいる気分です。
 
偶然かわからないですが、スタジオにいるコメンテーターの方は全員、いじめか不登校の経験者とプロフィールに出ていましたね。「学校に行かないと幸せになれない、大人になれない」そんなことはないのだと、そういう番組制作側のメッセージなのかな、と思いました。
 
自分は自分でいい―
そう思えたら色んなものがスルリと落ちて生きやすくなると実感していますが、そう思うことは、けして簡単でもないとも思っています。
 
不登校やいじめ問題に限らず「生きていけると思える自信」を持てる社会に、わたしたちの生きる社会はなっているのでしょうか。“自己責任”という言葉が多く使われるようになりましたが、同時にわたしは人間はひとりですべての責任をおって生きていけるのか―とも思います。
哺乳類を並べてみると、人間の肉体的能力値は低いです。頭脳が発達し、社会という形を形成して生きている動物です。末席を切り離すのではなく、ただ“保護する”だけでもなく、人間という生き物として、互いに尊重しあって生きていく―そんな社会であってほしい。
(そうでないから、弱いもの(子ども)から、命を絶たざるを得なくなっていくのかと思うと、悔しい気持ちです。)
 
不登校新聞の号外には当事者からの声ということで、私もコメント寄せさせていただきました。いろんなひとが、たくさんのひとが関心を持ち、受け止めようとしています。
これが、どこかの誰かに届きますように。
>>学校に行きたくないあなたへ/メッセージ(不登校新聞・緊急号外)
>>9月1日の子どもの自殺に思う 不登校経験者・恩田夏絵
 
こういったことを取り上げる、メッセージを集めて具現化してくれる不登校新聞に感謝のきもちです。
 
 
GS_150827_02
記者会見は、いっしょにひきこもりUX会議をやっているメンバーでもある、不登校新聞社の石井志昂くんから声かけてもらいました。貴重な機会をありがとう志昂くん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。