BLOG ブログ – ピースボート グローバルスクール元不登校・引きこもり経験者が発案した洋上フリースクール
ひきこもり、世界を旅する──不登校からひきこもり、ひきこもりから旅に出た恩田夏絵のブログ

2013年 12月16日

いくちゃん

GS_131216_001

今年は春出航の79回クルーズで、船レポートをよく送ってくれた
6期生のいくちゃんが、事務所に遊びに来てくれましたー。
 
帰国後に会ったのが最後だから、3~4か月ぶりかな?
なんだか、前に会ったときよりも逞しくなった気がします。
 
いくちゃんは、出航前にピースボートセンターに通ってボランティアスタッフ活動をしていました。その活躍っぷりは目覚ましく、中心スタッフとして手伝ってくれていました。
 
でもそんないくちゃんも、はじめはセンターの雰囲気に馴染めず、戸惑っていたんですけどね。それでも、打ち解けやすそうなヒトを見つけては話してみて、少しずつ友だちの輪を増やして、いつからかいつもいる存在に。
 
それでも、センターに通うことを頑張りすぎて、体調や精神面のコントロールがうまくいかないことも何度もありました。
 
ほんとに船に乗れるのかな、
乗ってなにが変わるのかな。
たくさん悩んでもいました。
 
いくちゃんの姿から、私はたくさんのことを教えてもらいました。
ひとつは、ヒトは変化し続ける生き物なんだということです。
 
実は・・センターに通いはじめた当初のいくちゃんだったら、もしかしたら地球一周できなかったかもしれない・・と思うことがあります。
なんというか、最初のころが若かったとか幼かったとかというより、今が逞しくなった、と私は表現したいのですが。とにかく、準備万端ではなかったかもしれないなーと思い返すことがあります。
 
 
地球一周の船旅をする。
 
その目標の前に、たくさんの壁が彼女に立ちはだかったように思います。
周りから見たらそんなに大きな壁に見えなくても、本人からしたらとても大きな、途方もない数の壁だったかもしれません。
 
その壁のひとつひとつを壊したり乗り越えたり、思い切って違う道をいったり、ひとつひとつの壁を“通る方法”を試していくうちに、彼女は見る見るうちにたくましく、魅力的になっていきました。
 
目標を掲げたとき、そこまでに一見距離があったとしても、それは無謀で現実的じゃないことだったとしても、実はそうじゃない可能性というのは十分にあって。
 
センターに来た最初の日から、地球一周に旅立つ日までの彼女の変化を横で見ていて、最終的に私は、『このヒトほんとにかっこいいなー。』としみじみ思うようになりました。
 
目標を目指す過程の中で、ヒトは変化していくことができるんだなーと人間の可能性を感じたのです。
 
乗り越えることが、壁を通ることがかっこいいんじゃないんです。
壁に向かうその姿勢が、その視線が、かっこいいんだよな。
 



 
いくちゃん、今ではバイトにいそしんでいるようです。
 
相変わらず悩んでもいるようですが。(苦笑)
でも、悩みながらも一歩一歩、彼女の道を歩いていく、いくちゃんの話を聞いて、やっぱりこのヒトは、かっこいいなーと改めて思ったのでした。
 
 
この感覚って、グローバルスクールの生徒と対面しているとよく思うことでもあります。
“多様性とはなんなのか”を求めて色んな人が受講しているグローバルスクールですが、往々にして、真面目過ぎたり、カラ回ったり、必要以上に辛い思いを抱えながら不器用に生きているヒトは多い気がしているのですが、同時にそこが、彼らの魅力でもあると思うのです。
なんだろう、悩みながらも生きているその姿は、美しいとすら思うのです。私は。 マゾか・・?(笑
 



 
今はまだ、不安かもしれないけど、
でも、未来はきっと暗くないって思っています。
 
そしてきっとその“悩み”が、益々彼女を強く美しい人間にしていくんだろうなと、楽しみになった日でもありました。
こんなに豊かな気持ちにさせてくれる彼女との出会いに、とても嬉しくなりました。
 
 
また遊びにおいでね。いくちゃん。
 
グローバルスクール
いくちゃんのクルーズメイト、まどか(写真右)と一緒に。
 
– – – – – – – – – – –

いくちゃんが送ってくれていた船レポートはコチラから。

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)
  1. コメントはまだありません