BLOG ブログ – ピースボート グローバルスクール元不登校・引きこもり経験者が発案した洋上フリースクール
ひきこもり、世界を旅する──不登校からひきこもり、ひきこもりから旅に出た恩田夏絵のブログ

2013年 6月28日

“じぶん”ができる過程

こんなまとめを見つけましたので、 
今日はこれを取り上げてみたいと思います。
  


外部リンク 
togetter 嫌われることと自己肯定感について

   

[上記togetterより引用] 
そうなってしまえばもう際限がない。自分のいやな部分しか見えず、周りの人がいる世界が遠く思える。やがて、こんなにどうしようもないのだから私は幸せになれない、私は生きる価値もない、だから生きていてはならないと絶望する。
   

– – – 
 
この引用にドキッとする人は、読んでおくといいかもしれないなぁと思います。 
でも痛みを伴うので、恐る恐る。大丈夫そうだったら最後まで。  

私も、古傷が疼きながら、でもうんうんと頷きながら、読みました。 
  

昨日知ったばかりの名言なのですが、 
「常識とは18歳までに身に付けた偏見のコレクションのことを言う」 
とアインシュタインは言ったそうです。 
 
なるほど。 
生まれてから思春期までに経験したことが、人格形成に大きく影響し、 
良くも悪くも基盤になるなぁと・・自分の経験からも思います。 
 
そしてこのコレクションは、 
自分で気付きさえすれば一新することも可能だとも、私は思います。
  

自分の嫌いなところを整理してゆくと、自分の“悪くないところ”が残ります。 
“悪くないところ”を磨くのか、もっと洗練して“もっと悪くないところ”を絞ってゆくのか。 
私自身、生きながら、躓きながら、試行錯誤しながらの商品入れ替え中、です。 
 
(アインシュタインが言いたかったことは、ちょっと違う種のことな気もしますが、根幹は一緒だと思ったので、引用しました。) 
    

ということで、 
素晴らしくよくまとまっているつぶやきだと思ったので、 
紹介させていただきました。

    

*写真は、またまた関係ないのですが、昨年地球一周したときに寄港したアカプルコのビーチでの一枚。写っているのはおともだち。

Category - 恩田の話

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)
  1. コメントはまだありません