BLOG ブログ – ピースボート グローバルスクール元不登校・引きこもり経験者が発案した洋上フリースクール
ひきこもり、世界を旅する──不登校からひきこもり、ひきこもりから旅に出た恩田夏絵のブログ

2012年 2月17日

『思いを伝えるということ』

先日、渋谷PARCOで開催中の
大宮エリーさんの『思いを伝えるということ展』に行ってきました。

とーーーっても素敵な内容だったのでちょこっとだけ紹介します。

「心細さ」「高揚感」「切なさ」「感動」など、
目には見えない、ヒトの『こころ』を表した展示会でした。

会場中にいろんな仕掛けがあって、
進んでいく為のヒントが散りばめられているのです。

わたしが一番印象に残っているのは、『感情の箱』でした。

中身の見えない「哀しさ」や「虚しさ」や「喜び」や「愛しさ」の箱があって、
手を入れられるようになっているんです。
手で感情に触れるんです。
でも箱の仕掛けはそれだけじゃなくて・・・

(と、これ以上書くとネタバレになってしまうのでここまでにします。)

その箱の仕掛けがわかったとき。

ああ、こうやって表現したらとってもわかりやすいなーと、
ほんとはわかりやすいけど、
わかりにくいのが『こころ』なんだよなーと思ったのでした。

自分の『こころ』が今どんな状態なのか、
わかればどれだけ前向きになれるんだろう。

会場の中には、たくさんの、ちいさなストーリーが散りばめられていて

忙しい日常の中でついつい忘れちゃうこと

見えにくい自分のこころ、誰かのきもちに、ハッと気づかされるのでした。

あー あの感動を伝えきれない自分の文章が情けないですが、
ほんとに、とても素敵でした。

開催期間もあと僅かなのですが、
お時間ある方は是非行ってみてください。

こころが疲れてるなーというヒト

毎日が、いつの間にか過ぎていってしまうヒト

自分のことを好きになれないヒトに是非行ってほしいなと思いました。

いやー
大宮エリーさん素敵でした。

『大宮エリー 思いを伝えるということ』
http://www.parco-art.com/web/museum/exhibition.php?id=451

◆コメント返信
>> きたふじようこさん
ようちゃん。
こちらこそよろしくお願いしますね。

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)
  1. コメントはまだありません