AERA ‘15.6.8

現在発売中のAERA(’15.6.8)に、昨年末主催した「ひきこもりUX会議」の記事が掲載されました。
 
『当事者たちの「脱ひきこもり」 もう行政には頼らない』と題し、動きはじめた当事者たちを取り上げた記事の一部にちょこっと名前が載りました。
 
今号の大特集は「完璧すぎる親を目指さない」。
キャッチは「スーパー親幻想」。
非常に興味深いですね。
 
小島慶子の幸複論「追い詰められる親たち」が最も共感しました。漫画家・ヤマザキマリさんに俄然興味湧きました。きちんと自立した人たち同士の話ってさらっとッパァアーンッとしていて気持ちがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。