開校3周年

グローバルスクールが、本日で開校3周年となりました。
 
そして、現在開校中のスクールで、受講生が累計100名を超えました。
 
数を伸ばせばいいとは思っていないのですが、
それでもやっぱり、“100”という数字が節目のような気がして、
改めてこの3年間、1096日間という日々の積み重なりを感じます。
 
 
2009年、年末。
今のグローバルスクールチームの一部のメンバーが集まり、
走り出したこのプログラム。
 
走り出しの頃は、中々カタチの定まらないプログラムで・・
どう作っていくか、どう表現してゆくか、随分悩んだものです。
今でも、グローバルスクールのことを、
綺麗に説明する言葉を見つけるのはちょっと難しいです。
 
100人の受講生を見ていても、
グローバルスクールや地球一周の船旅で得たことは人それぞれ、100人100通りで。中々『これ!』と表現しづらく、またその必要もあんまりないかな、、、とも思います。
 
 
一つ言える特徴は、
人が集まる『場』であること、ということかなと思っています。
 
『場』があるから、ヒトとヒトが出会い、
出会いがあるから刺激し合い、刺激があるから苦悩し、喜び、
感じることがあるから、考え、学び、吸収するのだと、思います。
 



 
10数年前のわたしは、
不登校、引きこもり、人間不信、強迫観念、リストカットと・・。
とにかく日々悩むことしかできなくて、
明るい未来なんて思い描くことができませんでした。
 
“不登校”や“引きこもり”というレッテル、
そして腕に隠しようのない傷のある自分は、
社会に溶け込めない、生きていけない、
やり直しもできないんだと思っていました。
一度は、いきることを、諦めました。
当時は本気でした。
(“引きこもる”ことほど、自分を追い詰め擦り切れさせることってないなぁ、と今では思います。)
 
そんなボロボロのわたしを再生させたのは、“ヒト”でした。
 
ヒトと出会うことで辛いことも増えました。
でも、ヒトと出会うことで癒されることも知りました。
ヒトと出会うことでわたしは変化していきました。
 
わたしは、“ヒト”と“出会い”に可能性を見出しています。
 
 
ヒトは何度でも再生することができる、
やり直すタイミングはいつでもある、とわたしは思うのです。
それは、この3年間で受講生である生徒たちからおしえてもらったことでもあります。
 
 
社会の中で生き辛さを感じる人にとって、
自分を見失い探している人にとって、
ここがそういう場であれるように。
 
いつでも、何歳でも、やり直しをすることのできる場の、
ひとつであれるように。
続けていきたいと、改めて思う、今日はそんな日でした。
 
 
改めて、これまでグローバルスクールに関わり、
支えていただいていたみなさんに感謝を。
 
明日からまた、がんばります。

“開校3周年” への1件の返信

  1. グローバルスクール開校3周年おめでとう!!
    百人百色の素敵な仲間との出逢いに感謝しています。
    生きててくれてありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。