BLOG ブログ – ピースボート グローバルスクール元不登校・引きこもり経験者が発案した洋上フリースクール
ひきこもり、世界を旅する──不登校からひきこもり、ひきこもりから旅に出た恩田夏絵のブログ

2013年 9月30日

船内生活~80回クルーズ~

GS_130930_01

ちょっと前のレポートになりますが、
みほちゃんがまたレポートを送ってくれました。
どうぞ!
 
* * *
 
もう地球半周過ぎました。
寄港地ラッシュが終わり、大西洋を航海しています。洋上の生活も最近忙しくなってきました。今までの自分だったらやらなかったようなことを、船の中でどんどん挑戦しています。
 
私はイタリアを過ぎたくらいから、“船内盛り上げ隊”っていうまだ10人ちょっとの、集まりに誘ってもらって仲間に入れてもらいました。
 
“船内盛り上げ隊”とは、出航一ヶ月ちょっと経って、船内にグループができてて、それに対して疑問を持ったり、若者と年輩の人たちとの境界線をなくしたい、とか、友だち?はたくさんできたけど、上っ面だけの関係が多いことに疑問を持ったり、もっと深い関係にしたい、などなど感じていて、それを船内みんなを巻き込みたいと思ってる人たちが集まっているところです。
 
船内盛り上げ隊に入るまで、私の船内生活は、何をしていいかわからなくなって、グローバルスクール(以下、GS)スペースにいる時間が多かったりでした。だけど船内盛り上げ隊に入ってから、不安や悩みもたくさんあるけど、私の船内生活はワクワクしています。
 
やっていることは、毎日『自主企画*1』を継続して複数入れて、そこでつながったり、盛り上げ隊のメンバーが分散してその日の普段いかない自主企画に行って、年輩の人やまだ話したことのない人ともつながって、盛り上げ隊の自主企画に来てもらって、仲良くなろうという作戦があります。
 
グローバルスクール
実際にやった自主企画は(まだ始めたばかりなので2個しかないですが)、「正座大会」と「キプロス後合流の人集まれ」。「正座大会」は、30分くらいみんなで正座してしゃべって仲良くなって、その後歩いてつっつきあって同じ痺れと痛みを共有しました。
 
グローバルスクール
その後、仲良くなった人と続けて「キプロス後合流の人集まれ」に来てもらって、キプロス後合流した人*2とつながりました。
 
やっぱりどうしてもキプロス後に合流した人たち同士でまとまったりしているので、そこで繋がれてうれしかったです。
 
ミーティングで、どうしたら人に来てもらえるか、とか、どんなことをしたいとかをみんなで一緒に考えている時間が好きです。
GS以外にもコミュニティができたことがとても嬉しいです。
 
 
あと、この前、初めての水パ*3に挑戦。
伊藤千尋さんの水パになりました。千尋さんは朝日新聞の記者をしていて、中南米やジプシーを取材されていました。
船に乗る前に東京ピーセン*4で千尋さんの話を聞く機会があり、千尋さんの話にとても魅力を感じました。千尋さんの話はとてもワクワクします。小さいことも大きいことも自分に制限をかけてできないと思っていたこともできるんじゃないかと、そう思わせてくれる力があります。
 
私は今まで大勢の前で話すのは『自分なんか申し訳ない、出来ない』って思っていたけど、千尋さんの講演で18年間で初めて300人くらいの前で司会をやりました。
そして司会の続きで急にちょっと千尋さんと話しをすることになり、自分の思いを話すことができて、みんなの前で自分の思っていたことを発信するっていいなと思いました。
 
グローバルスクール
終わった後、いろんな人にほめてもらって、ほんのちょっと自信がつきました。
ほめられるってすごく慣れてなくてなんか変な感じだけどとっても嬉しくて自然とにやけてしまいます(笑)
 
話が変わりますが、最近GSスペースに来るGS生がなんだか少ない気がします。
(自分が行く時間が減ったからかもしれないけど)
みんな船内で自分のやりたいことや自分の時間を見つけて、充実した時間を過ごしているんだろうなと思います。
それでも疲れた時に帰ってこれる居場所があるっていいな、と思いました。
 
* * * おわり * * *
 
 
*1自主企画
=参加者自身が”講師”となって立案~運営までを行うことのできる企画。
 
*2キプロス後合流
=キプロスから乗船した人たちのこと。
 
*3水パ
=水先案内人パートナーの略
水先案内人(洋上講師)の方と共に企画作りをしたい!と集まった参加者のこと。公募なので、やりたい人は誰でも関わることが可能。
 
*4東京ピーセン
=ピースボートセンター東京の略
 
 
 
恩田のつぶやき
 
たくさんのヒトが乗船している船は、出会いの連続です。
船旅というのは非日常を楽しむもの、なんて言うこともありますが、乗っているほうからしたら、その日々は日常です。
朝起きて、ご飯食べて、あの企画に出て、デッキで昼寝して・・・なにかに集中して深めることもありますし、時には固定化して深まるでもなく広がるでもなくなることもあります。
 
そういうときに『じゃあ今日はこうしてみよう』とか、『今日のランチで一緒になった人ははじめて喋ったけどなんだか気が合うな』とか、思い立ったらすぐ行動できるのは、船旅が秘めている可能性だと私は思います。
 
非日常な日常の中で、自分を磨くタイミングはたくさんあるんだなーと、みほのレポートを読んでいるとよく思います。嬉しいことです。また、みほはそのタイミングをキャッチする力の強い子だとも思います。みほの一周はどんな一周になるんでしょうか。あと10日ほどで帰航です!(早い!)
最後まで、良い旅になりますように。
 
今週は、更新多めになる予感ですよ。(予告)

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)
  1. コメントはまだありません