元不登校・ひきこもり経験者が発案した洋上フリースクール ピースボートグローバルスクール
ご相談・お問い合せはお気軽に…
0120-95-3740
フリーダイヤル (10:00-18:00 | 無休)

このページをみんなにシェアする!!

Share (facebook)

大谷健一さん(参加当時31歳・愛知県)
第77回クルーズ・第五期卒業(2012年)

子どもの頃から「どこか変わった子」とまわりから見られ
それを自覚しながらもどこかに疑問を感じていました。

子どもの頃から「どこか変わった子」とまわりから見られ、それを自覚しながらもどこかに疑問を感じていました。学生時代はいじめも経験しましたが、先生や友だち、家族の助けもあり日々を過ごしました。
しかし社会人として働き出すと、まわりの人と同じように仕事をこなすことができず、職場にも馴染めなくなり、転職をくり返します。そして苦悩の果てに、自分が「発達障害」であることに気づきました。 そんなとき、家族からピースボートのクルーズを勧められ、もっと世界を見てみたいと思い参加を決めました。
旅のなかでたくさんの仲間と絆を深めました。船上から見た海原、訪れた国々で、さまざまな風景や日々を生きる人々との貴重な出会いを果たして、「自分のできることをすることで、過去の自分を越えていける」ということに気づくことができました。
世界一周で感じ取ってきた経験は、何物にも変えがたい宝物です。

大谷健一さんからのメッセージ
僕はこの旅で、同じ空の下に多様な世界があり、僕らと同じように日々を生きる人々がいることを知りました。そして、自分自身を「ひとつの個性」として生きていく自信を持つことができました。
日本を離れ外の世界を見てくることで、それまで見えなかった価値観を見出すことができると思います。
一度、地球そのものを体感してみましょう!!

親の立場から(健一さんの母・大谷久子さん)
幼いころからおとなしく育てやすかった子で、根は明るく素直だから人からは好かれやすい人柄だと思います。
昔から粘土細工や紙工作など黙々と物作りすることが得意で、パソコンや家電製品の扱い方もすぐに覚えてました。
ただ、大人になってからは、急がされるペースの仕事についていけず職をを転々して、学生時代よりも自信を失っているように感じていたので、クルーズへの参加を勧めてみました。
船旅のなかで、仕事から離れ自分の好きなことができたのか、仲間と共有できるモノがあったのか、帰国してから少し明るくなったような気がします。
親としては、これから自分の希望する仕事に就いて、明るく自信を持って生きることを願っています。

←プログラム概要
さあ、でかけよう→

< 次の卒業生 | 前の卒業生 >