元不登校・ひきこもり経験者が発案した洋上フリースクール ピースボートグローバルスクール
ご相談・お問い合せはお気軽に…
0120-95-3740
フリーダイヤル (10:00-18:00 | 無休)

EVENT REPORT

ひきこもりUX会議を開催しました!!

11月30日(日)、東京ウィメンズプラザにて「ひきこもりUX会議」が開催されました。船旅のなかのプログラムとしてフリースクール「グローバルスクール」をおこなうピースボートも協賛団体として企画・運営をおこない、当日はひきこもり当事者、家族、支援者などさまざまな立場の人たちが計320名集まりました。
「UX会議」のUXはユーザーリクスペリエンス(利用者体験)のこと。そういったひきこもり経験者や家族という「当事者」が支援のあり方を提言するという集まりはこれまでにも開催の例がまれで、その提言を聞くために関東近郊以外にも、遠くは富山県や岡山県からも来場した方もいるほどでした。
8人のプレゼンターが各団体(個人含む)を代表してそれれぞれがプレゼンテーションをおこない、医療・支援団体、移住、出会い、働き方、居場所など、ひきこもり支援に関するテーマを扱いました。

  • 岡本圭太
  • NPO団体職員/地域若者サポートステーション相談員
    【テーマ「医療・支援団」】
    『医療と支援のつかいかた~case#1』
  • 丸山康彦
  • ヒューマンスタジオ代表/湘南ユースファクトリー代表理事
    【テーマ「ひきこもりQOL」】
    『ひきこもり生活を楽に!!楽しく!!』
  • 石崎森人
  • 「不登校新聞」子ども若者編集部/『ひきこもるキモチ』連載
    【テーマ「支援とつながる」】
    『当事者と支援をつなげる"シンプルな提案"』
  • 小林博和
  • ひきこもり不登校支援の会運営
    ひきこもりドキュメント映画「home」上映委員会委員
    【テーマ「出会い」】
    『映画homeと全国の人々との出会い──そして、本当の支援へ』
  • 林恭子
  • ヒッキーネット/新ひきこもりについて考える会
    【テーマ「働き方」】
    『雇われずに働く~好きを仕事に』
  • 勝山実
  • ひきこもり名人/作家/新ひきこもりについて考える会世話人
    【テーマ「移住」】
    『ひきこもりマイホーム 三匹の子豚編』
  • 川初真吾
  • 一般社団法人コヨーテ 代表理事
    【テーマ「ひきこもり=狩猟民族論」】
    『ひきこもり=狩猟民族論』
  • 恩田夏絵
  • 【テーマ「居場所」】
    『"支援"と合わないわたしを救った"居場所"』

    ピースボートからはグローバルスクールのコーディネーター恩田夏絵が「ひきこもりと支援」について、自身の体験をもとにプレゼンテーションをおこないました。自身がひきこもっていたときに感じた「『支援』というものが合わない当事者がいる」ということ、支援をする側・される側という関係に分かれることへの違和感、そして自身がピースボートの船旅に参加して「多くの人たちが混ざる場所の持つ可能性」に出会い、その場所を作っていく自身の活動を合わせて紹介をしました。
    「当事者がリアルに求める支援を描き出したい」思いではじまったこの会議はまだはじまったばかり。回数を重ねるごとに「ほんとうに必要な支援」が生まれ、広がっていくことを期待しています。

    「ひきこもりUX会議」のフライヤー(ちらし)はこちらからご覧いただけます!!
    ※画像をクリックすると別ウィンドウで大きな画像が開きます

    ひきこもりUX会議 ひきこもりUX会議

    終了しました

    プレゼン&ミニセッション
    『ひきこもりUX会議~ひきこもり支援
    当事者8人からのリアルな提案~』を開催します!!

    恩田夏絵 ピースボート・グローバルスクールの恩田夏絵と、一期卒業生の岡本康平くんが主催メンバーのひとりとなって、「ひきこもり支援」を軸にイベントを行います。
    ひきこもり当事者たちが自身の経験を元に、ひきこもり支援に提案をします。当事者はもちろん“支援する側”にいる方々にぜひ来ていただきたいイベントです。多様性に富んだ当事者たちのプレゼンテーションを、お楽しみに。

    詳細はこちらのホームページをご覧ください詳細へ

    日 時

    2014年11月30日(日)13:30開場/14:00開始

    場 所

    東京ウィメンズプラザ ホール

    参加費

    一般1,000円(当日1,200円)ひきこもり当事者300円