BLOG ブログ – ピースボート グローバルスクール元不登校・引きこもり経験者が発案した洋上フリースクール
ひきこもり、世界を旅する──不登校からひきこもり、ひきこもりから旅に出た恩田夏絵のブログ

2016年 11月27日

下船前報告~92回クルーズ~

161128_03

帰国まであとわずかとなりました。
Gs生はGSの集まりの場を安心出来る場として、他との交友関係を築いたり以前より企画へ積極的に参加しております。
最近では、GS生のひとりが船内企画で壇上に立ち自分の話を行ったり、イベント実行委員に携わったりとみんなの成長ぶりが見られます。
 
そして、残り少ない時間でもっと学べる場が欲しいということで課外授業を積極的に行っています。
水先案内人(船内で講座を行っていただくゲスト)を中心に参加者の方もお招きし、ライフストーリーや人生に役立つワークショップなどを行っていただいております。
 
水先案内人として初乗船されたクレイジーウェディングのプランナーである山川咲さんによるライフヒストリーは生徒にとって共感度が高く、その後山川さんへ相談する方もいました。
 
また、水先案内人のテンダーさんによるコミュニケーションを通して互いのニーズが満たされるまで話し合いを行い平和的解決を目指すNVC(非暴力コミュニケーション)のワークショップ、ピースボートスタッフの原田によるセクシャルマイノリティ(LGBT)の話、船内有料プログラムGTC(世界を通して教育について学ぶプログラム)とのワークショップなど様々なゲストを通して学ぶを深めています。
 
161128_05
161128_01
161128_02
寄港地では最終寄港地のハワイイでGS生でBBQを行いました。
クルーズ最終寄港地の思い出として大切な時間となりました。
 
161128_04
 
現在は、GS集大成としてラストアクションの準備をおこなっている最中です。
今までは参加者として企画に関わっていたみんなが今回は企画者側として日々奮闘しながらミーティングを重ねています。
初めはやりたくないという声もありましたが、話し合いを積み重ね全員でラストアクションを作っていこうとなり準備が着々と進んでいます。
 
今回のラストアクションのテーマは「自分らしくいられる居場所」。
生徒たちはそれぞれ今クルーズの船旅の意味、そしてこれから待つ「みらい」について考えながら残り少ない発表に向けて過ごしています。
 
今回10期のラストアクションがどのようなものになるか私も楽しみです。
 
92回クルーズ
グローバルスクール担当 中田雪裡

このエントリーにコメントする

⇩コメント欄を表示する⇩(クリックで開閉します)
  1. コメントはまだありません